So-net無料ブログ作成
検索選択

憲法改正 [政治]

今年のゴールデンウィークは遠出をしませんでした。
ramble先輩の家にお邪魔して、アリシアキーズと上原ひろみとHisashiという三大偉人を堪能しました。

そしてゴールデンウィークはただの連休ではなくて、5月3日は憲法記念日だということを久しぶりに思い出しましたね(笑) また安倍政権になってからやたらと話題になっている憲法改正議論について、少し思うところがあったのでつらつらと書き連ねてみようと思います。

今夏の参院選の最大の争点になりそうなのが、憲法96条の改正。
憲法改正発議を国会議員の2/3から1/2以上に緩和しようというのが概略だそうです。
明らかにその先に9条の改正をにらんでいるのはだれの目にも明らかということでしょう。
そこで野党や与党(公明党)からも慎重論が続発して、かなり白熱した議論になりそうですね。

9条を改正するということはすなわち自衛隊や自衛権の規定を憲法に明記することだと思います。
僕自身はこの意見には賛成なのですが、やはり交戦権の規定が緩やかになることは集団的自衛権の問題からかなり反発を招きそうです。
ただ、現行憲法では自衛隊の行動が制限されているのは事実で、緊急時に対応できないのは目に見えています。また、中国と北朝鮮のきな臭い動きを牽制するためにもしっかり憲法改正は必要だと思います。いつまで米軍に守ってもらうのかという議論に対する解としても、しっかりと議論してもらって、改正することはいいことなんじゃないの?と思います。

もともと日本の憲法はGHQの占領下に制定されたもので、66年間一切変更していないというは異常だという議論も納得できます。
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130503/plc13050321080015-n1.htm

他国は当たり前のように憲法を改正しています。
憲法改正に否定的あるいは無関心なのは戦後の日本のナショナリズムの低下も大きく関係しているのではないかと感じています。それこそアメリカの狙いなの?とも思いますが、、、

なんにしても、憲法改正には国民投票が必要になりますし、自分たちの国の憲法を自分たちで決めるという当たり前のことを日本は戦後一度も行っていないということは異常なのではないでしょうか?
環境やプライバシーの規定など他国では憲法にとっくに規定されているものも日本では規定されていません。

自分たちのことは自分たちで決められるという当たり前の権利を行使するべきだと思います。
その結果、憲法改正がされなかったとしてもそれはみんなで選んだ結論なのでしょう。

なんてことを強く考えるようになったのも、民主党政権があったからなのかとも思います。なにも決められない政治、それを選んだのも自分たち自身なのです。まあ言ったことを何も実行してくれませんでしたが、、、


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 1

お名前(必須)

当たり前の権利を行使すべきだとおもう、は、意思のある状況説明で気持ち悪いな。

行使することができる状況にある、だから行使するべきだと私はおもう。
のほうがいい。

権利を使うか使わないかは持ち主の自由だから。
by お名前(必須) (2013-05-07 14:51) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。