So-net無料ブログ作成
おきにいり ブログトップ
前の10件 | -

舟を編む [おきにいり]

三浦しをん原作の小説の映画を観てきました。以下ネタばれあります。



久しぶりにとても良い日本映画が見られたな~と素直に感動できる映画でした。
辞書を編纂するというとてもマイナーな仕事の一面を垣間見えるのも素直に楽しむことができました。
何十年も終わりが見えない、気の遠くなるような仕事を毎日毎日こなしていくということを舟の航海に例えているところも言葉を扱う作品にふさわしいなと感じました。

また、今回は原作を読んでいないのですが、映画としてとても完成度が高いなぁと感じました。
場面場面で流れる音楽、キャスティングなんかもとても良いと感じました。
おたくっぽい主人公の挙動がとても愛くるしい感じがするし、
また、小田切ジョーが演じる西岡がいい。チャラい感じの中に醸し出される人の良さがとても好印象でした。
辞書編集部のみんなで主人公の恋を助けるシーンなんかも面白かったし、
草書体?で書いたラブレターをもらって怒る宮崎あおいのシーンはほんわかしました。


そう、「ほんわか」という言葉がとても似合う映画でしたね。

シャドーノーブル でた [おきにいり]

前回のワイヤーマンから2週間、なんどもくじけそうになりました。
しにがみきぞくの転生。シャドーノーブル。

1113匹目で来ました。
来る日も来る日も賢者の隠れ家に通いつめました。
隣で戦うシャドーノーブルを4、5回見かけました。

シャドーノーブルさん大人気らしく、時間帯によっては全然戦うことができませんでした。

sdya.jpg

称号は魔影貴族ハンター。
レア泥の聖印の指輪もゲットしました。

次はどうしようかな。

sya.jpg

それにしてもドラクエ10は社会人がほんと多そうですね。平日は10時以降がすごい人多いイメージ。

しろばらの騎士 でた [おきにいり]

調子に乗って、転生モンスターを探してみたら
なんと10匹で出ちゃいました。しにがみの騎士の転生モンスター しろばらの騎士

強いです。レベル60以上の人間4人でやっと倒せました。
しかも、周りからおうえんをされ続けました。見ず知らずの人たちありがとうございます

称号は「白華騎兵ハンター」

レアドロップで白アイパッチ。

a.jpg

b.jpg

c.jpg

ゴールデンコーン 出ない [おきにいり]

こっそり更新。
だいぶ前からドラクエ10をやってまして、毎日愉しい時間を過ごしております。

その中で、転生モンスターという普段めったに出てこないモンスターを狩るのが楽しみの一つなんです。
最初はめったに出ないといっても1時間、2時間やれば出てくるかなーと軽い気持ちで始めたんです。

アルミラージの転生モンスター ゴールデンコーン。

100匹、500匹、1000匹、1500匹倒しても全然出てこない。土日ほぼ、アルミラージ退治に費やしました。

そして、2000匹を過ぎたあたり、2053匹目に、、、でた!

新しいビットマップ イメージ.jpg

普段紫の姿が鮮やかな黄金色に、、、

無題.jpg

強さは大したことないのでパッシブがあればレベル18のバトルマスターでも余裕でした。
倒した時の称号は黄金一角獣ハンター、素晴らしい称号ですw

まだまだ転生モンスター討伐は続けたいと思います、、、、

ビブリア古書堂の事件手帖 [おきにいり]

ラノベってやつなんでしょうか?ちょっとラノベというものに偏見を持っていましたが、
あまりにも面白くて一気に読んじゃいました。月9にもなってますね。あんまり見てないけどごうりきさん悪くない気がした。


ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~ (メディアワークス文庫)

ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~ (メディアワークス文庫)

  • 作者: 三上 延
  • 出版社/メーカー: アスキー・メディアワークス
  • 発売日: 2013/02/22
  • メディア: 文庫



これは4作目。
毎回古書にまつわる話が出てくるんですけど、これがまた芸が細かい。今回は江戸川乱歩。
人の心の動きとかもいい。(主人公の大輔以外)中には結構残酷な話もあったりする。

江戸川乱歩、読みなおそうかしら。

レ・ミゼラブル [おきにいり]

観てきました。なんといってもアンハサウェイがアカデミー賞助演女優賞をとったので、、、、

レ・ミゼラブルの直訳にふさわしく哀れな悲惨なお話でした。
以下思ったこと。
フランスの歴史についてもっと知りたいと思いました。1800年代初頭の話みたいですが、歴史に疎くてレキシが局作ってくれないかななんて。

映画はミュージカルが原作なので全編にわたって歌っているのですが、ハリウッド俳優たちの歌唱力がすさまじいなと思いました。
不遇の時代にそれでも人を愛することをやめない話?みたいな感じでうまくまとまってましたね。

こっから少し話が飛躍しますが、たぶんこの時代フランスの政治的な背景が強く反映されているのかなと思いました。
政治や経済は国の幸福度の屋台骨であり、幾度となく繰り返された戦争や混乱の結果、現代の国際関係が築かれているのだと思います。

日本でも昨年から隣国との政治的な緊迫関係が続いているのかもしれません。
くれぐれも過去の経験を忘れないで行動していきたいと思ったのでした。

NISSAN Presents HAPPY SURPRISE [おきにいり]

NISSAN Presents HAPPY SURPRISE 〜11年目のプロポーズ〜

http://www.youtube.com/watch?v=LKUMUBGTOfA&feature=player_embedded

まあ観てみてほしいです。

これは有名人なんかでCMやるよりよっぽど宣伝効果があるよね。
特に感動した人間がどんどん広めていくし。これからは企業もプル型じゃなくてプッシュ型の宣伝を行っていかなきゃね。ってプルもプッシュもよくわかってないけど、、、


エヴァ Q [おきにいり]

三連休で観てきました!前の日に「波」を見直して復習?しました。
前作から3年ですね、、、2009年前作
最近見た映画のなかではやっぱりダントツに面白くはありましたが、、、、???ってなるところが多々ありましたね。

以下ネタバレします。

続きを読む


さっさと不況を終わらせろ [おきにいり]

久しぶりにお勉強をしました。


さっさと不況を終わらせろ

さっさと不況を終わらせろ

  • 作者: ポール・クルーグマン
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2012/07/20
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


ノーベル経済学賞を取ったポールクルーグマンの本です。

アメリカでもロムニーvsオバマの大統領選の焦点に、緊縮財政と財政政策、金融政策の戦いが繰り広げられているようです。
なんか選挙は僅差のように報道されてますが、ロムニーが勝ったらまじ大恐慌が起きるんじゃないかと思っちゃいます。

パナソニックやシャープの中間決算が軒並みひどいことになってますね。
なんか、日本メーカーの終焉みたいに報道されてて日本のメディアはそんなにうれしいのかって思います。
5年前120円だったのにここ最近ンは80円を切る状況がずっと続いてる。
日本の場合は完全に政策のミスによって、引き起こされてるとしか思えないっす。
そのためには正しい認識で選挙に行き、正しい経済対策を行ってくれる政党に投票しようと思います。

日本の次の選挙は自民 対 立ち上がれみんなの維新になるんすかね。
日本維新の会には投票しません。

つれづれ [おきにいり]

最近は仕事もそこそこ忙しく、ドラクエも忙しい日々を過ごしております。
民主党政権になって3年間で68人大臣が交代しているそうです。日本の国の最高の権力集団のはずなのに。
日本は戦中のトップダウン方式の反省からボトムアップ方式になったのでしょうか。

アメリカの大統領選のテレビ討論会が凄いね。
日本でやったら暴言、失言のオンパレードですぐ破たんしそうだ。でも、そうやって篩にかけられた人間が政治家や大臣になるべきなんじゃないのかね。国家観や経済政策、外交政策に対してどんな考えを持っているか徹底的に議論してほしい。

そんな思いは置いておいて久しぶりに素晴らしい本に会えた気がしたので。


往復書簡

往復書簡

  • 作者: 湊 かなえ
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2010/09/21
  • メディア: 単行本


この人の書く話は素晴らしいと思う。誤解を恐れずに正直に言うと今まで読んだ女性作家の小説に出てくる男性像ってどこか違和感があったなと思うんだよね。この人の小説にはそれがない。同調できるし、感動できる。
そんな小説でした。


インビジブルレイン

インビジブルレイン

  • 作者: 誉田 哲也
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2009/11/19
  • メディア: 単行本


ストロベリーナイトに比べるとどうしても見劣り感がしてしまいました。
小説を読んで、不快な気持ちになったり、感動したりアップダウンの感情を引き起こしてくれるものを期待しそれにお金を払う。そういった意味では少し物足りなかったです。前作からの期待度が高かっただけに余計そう感じました。展開も読めたし。

2012年もあと少しですね。
前の10件 | - おきにいり ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。